名刺をシステムで簡単発注!システム比較サイト

ホーム > 名刺の最新事情 > 名刺発注システムが手間の軽減に貢献します

名刺発注システムが手間の軽減に貢献します

 新しい名刺発注システムは、従来のやり方で悩みの原因であった様々な手間を軽減します。従来の名刺発注では、業者に発注してから手元に届くまでに1週間以上かかるなど納期の遅さが気になります。急な出張や、新入社員むけに、すぐに名刺を作りたいといったニーズには応えることができない状況でした。
 また、発注量が少ないと、単価が高くつくなど融通が効かない面もあります。レイアウトや紙質を統一することができない、いつ発注が行われた履歴を管理するのが大変である等のデメリットがあります。


 発注時においては、名刺レイアウトを編集して、業者に提出した後も、校正と確認の手続きが発生しますので、担当者にとっては負担となります。社員が必要に応じて発注しますので、レイアウトが違っていたり、作成した名刺の管理や発注履歴を管理するのが大変です。管理担当者の現行業務が阻害されかねない状況となっている会社も少なくありません。個人情報が業者に渡される事になりますが、一元管理が難しく煩雑な処理となっていました。
 発注作業は、インターネット環境さえあれば、場所を選ばすに利用可能なシステムですので、特別なアプリケーションを必要としません。したがって、端末の管理も楽にできます。パソコンに不慣れなスタッフでも、簡単に使用することができるのがメリットの一つです。端末上で編集を行なうことができますので校正の煩雑さもありません。
 また、むやみな発注を防ぐために、発注の最終段階において認証機能を有効にすることもできます。あらかじめ決められた担当者によって認証を行なうことで、名刺発注量の適正化を図ることもできます。


 クラウド型の名刺発注システムを導入することで、名刺調達のスピードを大幅に改善することができます。24時間いつでも場所を問わずに発注処理を行なうことができます。作成スピードが最速の業者であれば、午前中に発注をすることで、即日に作成、発送処理を行います。
 最短で翌日には、納品となりますので、今すぐに使いたいというニーズを満たしてくれます。レイアウトや品質も統一することができ、誰がいつ発注したか、もしくは納品までの進捗管理などの情報を集約することができますので、管理担当者は全ての名刺発注業務を一元管理することができます。
 従来のように本来の業務を阻害されるようなことがなくなりますので、組織全体の効率もアップするというメリットがあります。Pマークを取得している業者を採用することで、セキュリティ対策も万全となります。発注から納品までの個人情報が守られます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る